地域 店名 解説
恵比寿西 の坂 夫婦で切り盛りする小さな割烹。奇を衒わない確かな仕事ぶりで、フレンチ・イタリアン勢に押されがちな恵比寿で気を吐く和食の王道店。料理は6,000円、7,500円、9,000円のコースが中心。
恵比寿西 ミシュラン☆で脚光を浴びる蕎麦懐石の老舗。コースは15,000円、20,000円、25,000円の3種。これが高いか安いかは意見の別れるところだが、「料理の基本は“返し”」というところに蕎麦屋としての矜持が。名物女将も健在。
恵比寿南 世間では居酒屋というカテゴリーに属しているようだが、それにしてにはあまりに料理が本格的な上に料金がそれなりに高いので、普段遣いというわけにはいかないが、懐具合が暖かいなら間違いなくお勧め。
恵比寿西 食彩 かどた ランチタイムに行列ができる懐石料理店。かじき鮪やさばなど、家庭ではなかなか味わえないさまざまな魚料理が1,050円から。+315円で赤出汁があら汁に変更できるのだが、このあら汁がまた美味い。夜は夜でおまかせコースが10品で5,250円という感激価格。
恵比寿 和の食 いがらし こちらもランチの親子丼900円と刺身付定食(塩鮭・さわら汐焼き・めかじき照焼・かれい幽庵焼き・日替わり煮魚)各1,200円が大好評のミニ割烹。真っ当な和食がリーズナブルに楽しめる。夜のおまかせ6800円〜10800円もCP高し。
恵比寿南 松栄 恵比寿を代表する老舗鮨屋。かつてはモダンな内装とワインにも合う斬新なつまみで一世を風靡。業界人で賑わっていたが、現在も高級居酒屋風の手軽さと、和食の枠を超えた斬新な発想は変わらない。バー松下、蕎麦の松玄など系列店もお勧め。
「恵比寿グルメ」メニューページに戻る
ページトップへ戻る